・モビット

3月 27th 2014 · Read More ·

〈特徴〉

モビットは三井住友銀行グループのカードローン会社です。最大の特徴は、少ない入力項目で融資可能かどうかがすぐにわかる「10秒審査結果表示」をもとに、Webであれば申込みから利用まですべてがネット上で完結することです。電話や郵送による書類のやりとり、本人確認などは一切ありません。

また会員数が30万人以上といわれる基盤があるため、初めてカードローンを利用する方にとっても安心感が高く、若い女性からも人気です。

融資の限度額が500万円と大きく、年利は4.8%~18.0%と低めに抑えられていることも利用者が多い理由の一つです。何かと出費の多い小さなお子様がいる家庭でも余裕をもってライフプランを描けるうえ、多重債務でお悩みの方は、この融資を契機に借り換えやおまとめなどを考えあわせることもできます。

借り換えやおまとめは、ローン会社により審査内容等にかなりの差がありますので、充分に比較検討されることをおすすめします。

 

〈まとめ〉

モビットは大手金融機関の三井住友銀行グループと提携するカードローン会社で、30万人を超える会員数を有しています。大手であって会員数も多いという安心感から、若い独身女性や小さなお子様のいる主婦の方からの人気も高いようです。

融資限度額が500万円と大きい割には、年利は4.8%~18.0%と低い設定のため、たとえば出費がかさむ時期の家庭や多くの目標達成やレジャーに時間を割きたい人たちにとって、こうした融資条件は大きな魅力です。

通常における多重債務の一本化は、提出する書類が多く審査も厳しいため、希望者が望むようなゆとりが生まれることは少ないようです。融資の使途が、債務の返済のみに限られているケースもあります。

しかしこのローンにはそうした前提がなく、通常の融資条件とほぼ同じように借りて、一部を債務の返済に充てるといったプランも考えられます。こだわりのライフスタイルを楽しみつつ多重債務の負担軽減も可能にできます。

 

・アコム

3月 25th 2014 · Read More ·

 

〈特徴〉

アコムは、キャンペーンの実施や来店不要、即日振込み可能、コンビニでも借入・返済が可能など、複数のメリットを明確に打ち出し利用者の拡大をはかっています。

とくに力を入れているのは新規顧客の獲得で、需要期になると金利ゼロキャンペーンなどを実施(直近のキャンペーンは200411日で終了)。友人紹介で「最高10000円分のクオカードプレゼント」は通年実施されています。

また複数のローンを一つにまとめることで毎月の負担軽減をはかりたいとお考えの方には、「借換え専用ローン」が用意されています。本人確認書類として運転免許証か健康保険証、またはパスポートを用意して、店頭窓口・むじんくん(自動契約機)で申込みを行う必要があります。その他、収入証明書などの書類が必要となりますので、ご利用の前に必ず同社のフリーコールへ連絡してください。

貸付金額(契約極度額) 1万円~300万円の範囲内で、貸付利率は 7.7%~18.0(実質年率)となります。

 

〈まとめ〉

アコムは、通常の一般向け商品とは別に、貸付金額(契約極度額) 1万円~300万円の借換え専用ローンを用意しています。

対象となるのは、複数のローンを借入中の方、総量規制における年収の1/3を超えた借入がある方で、フリーコールによる事前相談か、アコム窓口に来店しての相談によって、担当者から最適な返済プランを提示してもらえます。ただし借換えの対象となる債務は「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限られ、銀行やクレジットカードによるショッピング等は対象外となります。

借入中の複数のローンを借換え専用ローンで一本化することにより、毎月の返済額や金利負担の軽減がはかれるというメリットがあります。また返済日が1回となり、煩わしい口座管理からも解放されます。返済専用となるため、債務残高は、段階的に確実に減少していきます。

返しているのに思ったように返済が進まないといった悩みやジレンマをおもちの方に最適な商品といえます。

しょい

隠そうとする心理がキャッシングから抜けられない生活をつくる!2つの理由

3月 24th 2014 · Read More ·

 

 

世の中にはついつい人前で見栄を張ってしまう人は多く、サラリーマンの中にもそのような振る舞いをしている人達はたくさんいると思います。

特に人が羨むようなところに勤務しているエリートサラリーマンにそのようなタイプは多く、そのようなタイプの人達は友人の前でも彼女の前でも必要以上に自分のいいところを見せようとしてしまうようです。

もちろん無理をしてでも見栄を張りきれれば問題はないのですが、お金に関して見栄を張り過ぎて自分の許容範囲以上の生活をしてしまうと、借金をしなければ見栄を張ることが続けられなくなって、キャッシングをしなければこれまでのような生活が続けられなくなるという人も出てきます。

こうなればもはや見栄を張るのを止めて自分にふさわしい生活に戻した方がいいのですが、それでも友人や彼女などには収入以上の生活を見せようとしてキャッシングをし続けるという悪循環にはまっている人も実際にたくさんいます。

 

とにかくこれまでの偽りの自分の姿を隠そうとする心理がどうしてもキャッシング地獄から抜けられなくなり、最終的には債務整理まで追い込まれてしまう人は少なくはありません。

キャッシングをすることを周りにいる誰にも相談できなくなるほどプライドが高い人は特に注意が必要で、このようなタイプの人は歯止めがまったく効かなくなり、次々と借りられる商品を選んでキャッシングを続けます。

年収も少なくて勤務先の信用度も高くないようなサラリーマンであれば、いくら見栄を張り続けたくても早い段階でキャッシングの利用が止められてしまうのでそれほど大きな金額の借金を作るところまではいかないのですが、厄介なのはエリートタイプの人達がキャッシングをどんどんできるような立場にいることなので、早めに自分がどれだけ愚かな見栄を張っているかということに自分自身が気付くようにしなければいけません。

高いプライドを捨てるようにするには、信用できる相手を探して相談する勇気を持つようにすることで、そうすれば悪循環から抜けることは可能になるので、とにかく借金が膨らむ前に早めに対策を取ることをおすすめします。
http://ベスト消費者金融.com/shyouhisyakinnyuuhennsaismyure-syonnokonauhituyousei/

闇金で借りてしまった俺の告白…ブラックこそ気をつけたい3つの掟!

3月 22th 2014 · Read More ·

 

 

以前複数のカードを使用していたせいで、どこのキャッシングの審査にも通らなくなって闇金に手を出してしまった私が言うのも変なのですが、怪しい業者や人からは絶対にお金を借りないようにして下さい。

ここではカードの審査が通らない人やブラックの人達に気を付けて欲しい3つのポイントについて紹介したいと思います。

 

まず多重債務者やブラックの人にはっきりと言えることは、ブラックでも通る会社はごくわずかしかないということです。

今ではインターネットで調べていると「ブラックでも融資可能!」などと書かれているサイトを良く目にしますが、けれども実際にサイトに入って調べてみると、一般的に有名なまともなキャッシング会社はほとんど利用不可能となっています。

他社からの借入が何件あるということも重要ですが、今では総量規制があって年収の3分の1までしか借り入れができなくなっているため、多重債務者で総量規制の枠がない人はもちろん、返済が遅れたことがあるようなブラックの人にお金を貸してくれるところはほぼないと考えて、そのような状態の人達は、どこからお金を借りるかといことを考えるのではなく、お金を借りないようにすることを心掛けるようにして下さい。

 最も大事なポイントは、どんなに困っても闇金だけには絶対に手を出してはいけないといいうことです。

闇金とは本当に怖いところで、闇金からお金を借りたとしてもきちんと返済すれば問題ないという考えは捨てて下さい。

闇金は違法な業者なので、そこを利用する人にも問題があることを理解して下さい。

それにもし闇金からお金を借りて返済不能になった場合には、激しい取り立てに合うことになり、人生を破滅させられることもあるのです。

 多重債務やブラックになってしまったら、お金を借りるという考えをやめて、どうすれば早く完済できるかを考えるようにして下さい。

そして最終的には安定した収入を確保して条件を上げることで、信用のある優良な顧客に変化できるようになります。

さらにお金を借りる時には人柄なども重視されるものなので、真から信頼できる顧客を目指すようにして下さい。

連帯保証人で人生を狂わせた私の半生…これだけは把握しておきたい3つの真実!

3月 19th 2014 · Read More ·

 

 

私は以前友人の連帯保証人になってしまったばかり、にこれまでの人生のほとんどを借金の返済に苦しめられてきました。

現在はようやく苦しんできた借金も終わり、ようやく第二の人生を送れるようになりましたが、私の経験からもどんなに身内や友人が困っても、連帯保証人だけにはならないように心に誓って、もしどうしても身内や友人を助けたい場合には、その時にあげてもいいと思える現金を渡してあげることをおすすめします。

決して感情に流されて連帯保証人になってはいけません。

ここでは私がした経験を踏まえて、連帯保証人について把握しておいた方がいい3つのことについて説明していきたいと思います。

 

まず連帯保証人の怖さから説明すると、もしあなたが友人の借金の連帯保証人になったとすると、この場合友人が借金を返済できなくなった場合は無条件であなたが借金を返済しなくてはいけなくなってしまいます。

もし友人が夜逃げをして失踪してしまったり、もしくは自己破産してしまえば、残りの借金は全てあなたの借金になってしまいます。

安易に保証人になってはいけないというのはこれが理由で、一度保証人になってしまうと、相手の同意を得られない限りは解除することができないので、どうしても保証人になる場合は、自分が借金を抱える覚悟を持ってならなければいけません。

 保証人は連帯保証人と違うのか?ということを疑問に思う人も多いと思いますが、保証人の場合は自分より先に友人に請求して欲しいなどと請求された支払を拒むこともでき、さらに友人に貯金や財産があった場合は、先に貯金や財産を差し押さえさせることもできますが、連帯保証人になってしまったら、このようなことは一切主張することができません。

あなたは請求された通りの支払いに応じなければいけなくなるので、多くの人が支払不能になって債務整理に追いこまれることになってしまいます。

 したがって、連帯保証人の依頼は何があっても断るようにして、もし連帯保証人に形だけなってといわれたら契約の無効や取り消しを主張して絶対にならないようにして下さい。

多少理不尽な理由を付けて断って関係が悪くなったとしても、自分の人生を棒に振るよりは絶対にいいのです。